読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Non-Non-Title

なんか書くよ!読んで!

未来アミューズメントなんちゃら

未来アミューズメントパークbyリクルートに行ってきました。

recruit-tech.co.jp

2週間前くらいに見つけて予約。今日がその日でした。

 

f:id:k_keiku:20160318160155j:plain

東京タワーを横目に東京タワーメディアセンターへ突入。

12:10に受付を済ませると、会場待ちの人が3人ほど並んでいた。

 

12:30が近づくと割と長めの列ができいざ会場へ。

f:id:k_keiku:20160318160237j:plain

 

中はいい感じの雰囲気で、ブースが6つあります。

 

座間味 ロケットジャンプ

f:id:k_keiku:20160318160504j:plain

ドローンを使って撮影した現地映像を使用しており、ジェットパックを背負い、美しさでは他に類を見ない沖縄慶良間諸島座間味島周辺を飛ぶことができる。

 

まず初めにこれを体験。

あ、私Oculus初体験です。にわかです。

 

ズボンとワイヤーをつなげるためのベルトを装着してスタンバイ。Oculusとヘッドホンを装着したらスタートです。

行き先を3つの選択肢から選びボタンを押すと、映像内で飛び自分も吊り上げられる。

てこの後ろ側をスタッフが踏み人を吊り上げるというアナログっぷり。

前からの風で飛んでる感を出しているみたいです。

 

3回ほど飛んで終了。

はじめてのOculusで体験できただけでも満足だったが、いまいち感動はしなかった(申し訳ない)。

 

ヘッドフォンから聞こえてくる(沖縄?)方言の女の子の声が可愛くて最高でした。

 

TOKYOスカイラン -Urban Coaster-

f:id:k_keiku:20160318161302j:plain

CG生成された東京に似た街をスカイコースター(ブランコ型コースター)に乗って超高速で疾走する。ドキドキ感と爽快感を双方味わえる。見覚えのあるビルがいくつも登場する。もちろんRecruitも・・・?

 

次。

ブランコにぶら下がって、東京の街をコースターに乗って駆け巡るというもの。

f:id:k_keiku:20160318161308j:plain

Oculusとヘッドフォンを付け、いざ出発。

 

 

 

 

 

これは・・・・なかなか。

 

視覚的に滑り落ちたり、傾いたりするだけで人間の脳はこんなにも勘違いをするものなのか。

 

ブランコの不安定さもあいまって、ジェットコースター特有の内蔵の浮遊感まで感じられた。

こちらも風が吹いているのでさらに臨場感もある。

 

今回の展示の中でこれが一番良かった。

美瑛の丘レース -Hashilus-

f:id:k_keiku:20160318161708j:plain

北海道の美瑛にある大変美しい丘陵地帯、通称「パッチワークの道」を馬に乗ってレースする。映像の美しさのみならず、乗馬体験もリアルに再現された白熱のレース。圧倒的な没入感を堪能できる。

 

f:id:k_keiku:20160318161713j:plain

1分半ほどで終わるので回転が早いとのことで、すぐに乗れた。

スタッフ「これ大体65秒くらいなんですよー」

スタッフ「あ、60.8秒でてますねー 早いっすねー」

僕「あ、そうなんすか」

 

こんなこと言われたら上回りたくなる。

 

操作方法は簡単

振動センサが入っていると思われる、手綱に見立てたハンドルを前後に振るだけ。

 

速く振るほど馬が速くなるというが、体全体が揺れるので思ったより速くはいけないとのことをスタッフに言われる。

 

スタートすると予想以上の揺れに戸惑いを隠せない。

乗馬マシーンが本気を出す中なんとかハンドルを前後に振りまくる。

30秒ほどたつと横の馬が少し前にいるので、これは負けてらんねーとさらに激しくハンドルを振る。

だんだん前の馬に迫り追い抜き60.4秒でゴール!

1着!!やったー!!

 

めっちゃ疲れた。

振り落とされないように必死でしがみつき(たぶんそんな頑張らなくても良い)、腕を激しく動かし、現実ではない映像に酔う。

 

あれ2/3くらいの長さのほうがいいんじゃねぇかな。

 

あとたぶんあの馬60秒切らないわ。

僕の前に60秒切った人いなかったらしいし、ちらちら見てると60.4秒が最高だった。

 

とても楽しかった。ゲームの映像が陳腐ではなくもっとよくなれば更に楽しいと思う。

 

四季の世界遺産 ドライブ

f:id:k_keiku:20160318162838j:plain

冬の白川郷にはじまり、白神山地熊野古道を抜けて春の姫路城まで、日本国内の4つの世界遺産をバイクに乗って一気に体験できるVR企画。本物のバイクのような疾走感や悪路を走る感覚、加速減速もリアルに表現

 

f:id:k_keiku:20160318163021j:plain

バイクに乗って世界遺産をめぐる。

 

振動していて、後ろで人が映像に合わせて台を動かしてくれるので結構な本物感が得られ、落ちるところで、本当に少し落ちたので思わず足をすくめてしまった。

 

指サッカー

f:id:k_keiku:20160318163804p:plain

卓上大のグラウンドをフィールドに『指』で『サッカー』をするという『指サッカー』。手首に仕込んだ小型カメラの映像をヘッドマウントディスプレイに投影し、体が片手サイズに収縮したかの様な視点でボールを蹴り操る。

 

かなりシュール実際に体験してないので本人にどう見えているのかはわからないが、見ている限り「大人たちが指をちょこちょこ動かしボールを追いかけまわし、指を絡め合う」という大変げな様子。

 

素晴らしい実況がその様子を盛り立てる。

 

ペンギンロボットコントローラー

遠隔地のプールにいるペンギンロボットをリモートコントロールするためのコントローラー。ただラジコンのように操作するのではなく、実際に操作者がペンギンの動きをしてペンギンロボットを泳がせる企画。
※機材が1台のみのため、全ての方にご体験いただけない可能性がございます。

 

こちらは調整がちょいちょい入って体験できず残念。

 

 

 

Oculus良い良い言いながら実際に体験してなかったので本当に楽しかった。

映像だけであんなに脳は騙されるんだね。

ジェットコースターやべえよ あれひっくり返ったら脳がどう処理するんだろうか。

 

映像の粗さなり頭部への圧迫感なりは多少あるが、違和感のないレベルで映像が頭の動きに追随してくれるとは流石Oculus。

 

とても楽しかったです。

f:id:k_keiku:20160318163701j:plain

ありがとうリクルート

 

 

 

 

おとといガルパンの4DXを見に行ったのであれがHMDだったら更に楽しいんだろうなと思いながらモスバーガー食べて帰りました。

 

4DXの話する?

座席が動くのはとても良い。

特に戦車との相性が抜群。

「乗る」という行為の映画に対しては素晴らしい効果を発揮するが、生身で飛んだり、「乗る」わけではない映画ではどうなんだろう?

 

 

ただし煙は邪魔なだけだし、シャボン玉は体に当たって割れるし、匂いはゴミ。

この煙その他もろもろは、それ単体では悪くはないのだが、何せ後に残るのが良くない。

戦車が撃破されて煙が出るのは良しとしよう。

だが、別のシーンに移ってお話してるのに何で煙があるんだ!?

出方が悪いと3秒くらい画面見えなくなるのもクソ。

上手いことできれば悪くはないのかな?

 

閃光はあってもなくてもどうでもよかった。

 

 

雨は結構良い。

訴えかけてくるものがある。

 

ノンナがカチューシャのために親指を立てて溶鉱炉に沈んで行くシーンは雨と涙が止まらなかった。

 

 

座席が揺れる話に戻ると、最初は「めっちゃ動くなこいつ」という感じだったが、すぐに心地よくなり大学選抜との戦いでは、揺れが当たり前かのような気分だった。

 

あとあれね。

砲弾がかすめたときの後ろからの”プシュッ”

「前から飛んできてるのに後ろからなのが違和感あった」とのことだったが、僕的には大ヒット。

隠れた主役といえるだろう。

 

HMD×4DXのガルパン劇場版2の制作をお願いします。