Non-Non-Title

なんか書くよ!読んで!

消極的デザインについて

creator.dena.jp

 

企業を調べていたらたどりついた。

もう終わったDeNAのイベントの記事だ。

 

 

◆「消極的デザイン」

どこかで聞いたことはあった。

理解しようと思ったことはなかったが。

 

 

 「消極的デザイン」とは、対人コミュニケーションの苦手意識や日常生活におけるやる気のなさを解消するためのデザインです。

 

 何かを提供する時、ポジティブな要素を示しただけでは動かない人は大勢います。それを解消する方法のひとつが「消極性デザイン」です。

 

 

明るさや、利便性、最先端のものは華やかだが、自分が華やかではないと思う人にとっては一歩引いてしまう原因となりうる。

 

積極性を求めるだけでなく消極性を解消することで、使いやすいサービスを生み出したり、「素晴らしい人」となるのかもしれない。

 

 

◆例

・飲み屋などで空になった食器を、店員にかたづけてくださいと言いにくい…

  →テーブルの横などに使い終わった食器を一時的に置くカゴを作る

 

・美容院などで髪を切り終わったとき、やり直して欲しい時に言いにくい…

  →「いかがでしょうか?」という聞き方でなく「お直しはどこにしますか?」といった聞き方にして、修正を言いやすい雰囲気を作る

 

・リーダーを決めるときに立候補がしにくい…

  →リーダーの役割をローテーションの交代制にする

 

・グループワークなどで自分の意見を言いにくい…

  →意見を一旦紙などに記載したのちシャッフルして、他人の意見をいうようにする

 

 

記事の中で素晴らしい例が挙げられているので、僕も一つ考えてみた。  

 

 

・店員が立ってる近くのものを見ると話しかけられそうだから避ける

  →各コーナーごとに店員の場所は決めて商品の横に立たない

例としては微妙かもしれないが、僕個人の体験としてあるあるので、整理中は仕方ないけれどもこれ見よがしに待機するのは辞めてほしい。

客のエゴかもしれないけれど。